>

空き時間の使い方と整理整頓について

空き時間が出来た時は何をしますか?

予定が早く終わり出来た空き時間には何をするかは、あらかじめ書き出しておくのがよいでしょう。
空き時間の活用リストは、歩きながらできることなど空き時間の状況や所要時間ごとに分けてリストアップしていき、重要な順に並べておくとよいと思います。
付箋など利用するのも一つの方法です。
付箋ノートは、1ページを3つに分けて、まだ手をつけていない作業、今している作業、終わらせた作業に分けて作業の付箋を貼り付けます。

もちろん、あまりにがんじがらめになり過ぎず、少しの空き時間にリフレッシュの体操をするのもよいことと思います。
数分でできるいくつかの体操や呼吸法を用意しておくといいでしょう。
急がないときはエレベーターを使わずにオフィスの階段を使うのもいいですね。
疲れた脳や身体に新たな酸素が送られ、効率も上がります。




「探し物」時間をなくす!

無駄に過ごしている時間というと、探し物をしている時間が多いということです。
探し物をなくすために、整理整頓は必須と言えるでしょう。
会社を挙げての取り組みとして、トヨタでは、定位置、定品、定量の3「定」を徹底しているそうです。
ものを使うときは、「必ず定位置に戻す」を徹底することです。
使用する頻度で片付ける場所(引き出しなど)を変え常に使いやすさを工夫するのもよいでしょう。
そして余分なものは置かないことを徹底していきましょう。
要らないものは置かないと心がけましょう。
動線の邪魔になり、効率が悪くなります。
整然とした気の流れのよい場所を作っていくことが、作業の流れをよくすることにつながるのは当然と言えるでしょう。


この記事をシェアする