>

入社3年目で考えたいこと

時間以内に仕事が終わらないのはなぜか?

仕事は重要性、緊急性を確認した上で優先順位をつけます。
完成度と納期を天秤にかけ、一つのことにとらわれ過ぎていないか、必要以上に時間をかけすぎていないか、全体像を把握して目の前のタスクの重要性を判断しましょう。
無駄がないかを常に考えましょう。
ここという部分に時間(またはコスト)をかけるのであれば、何かを省かなくてはなりません。
納期に余裕がある場合や、納期の指定がない場合は自分なりの目標時間を定めましょう。
目標時間が守れなかった場合や納期を守れなかった場合は、スケジュール管理に失敗したということです。
どうしてそうなったのかを検証する作業を行います。
この繰り返しのトレーニングとなります。
自分の傾向をつかむ訓練です。
失敗したら二度と繰り返さないようどうすればよいのかを検証すること、落ち込んだり悔しかったことは二度と繰り返したくないでしょう。
日々その訓練の積み重ねということを忘れないことです。

いつも全力で働いていたいけれど…

新入社員の頃は全力で頑張っていたのではないでしょうか。
いつも全力で働いていたいけれど、当然のことながらそういうわけにはいきません。
エネルギーの使い分けを考え、集中力を最大限発揮する仕事と力を抜いても許される仕事を見極めましょう。
朝は最もエネルギーが充実している時、重要なタスクから手をつけます。
夕方に単純作業を持ってくるようにします。
出来るのであれば、昼寝で働く頭を取り戻すことは効果的です。
休日に体力をつけるために運動を取り入れるのもよいと思います。
体の血流をよくすると心身がリフレッシュして、気持ちも新たに仕事に入れるでしょう。
精一杯働くために、一つの作業一辺倒にならないで広く物事を見れたらと思います。


この記事をシェアする