入社3年目で考えたいこと

日々の業務に追われてしまっていませんか。 自分の業務をある程度管理して、自分のスケジュールで働くことができるように、大きく全体を見つめることが大切です。 自分に無理があると長くは活躍していくことはできません。 長く続けて活躍していくためには全体をみる目を持つことが大切といえるでしょう。

スケジュール管理ができるようになるために

働き方改革が叫ばれるこの頃、仕事の効率アップを考えることは避けて通れません。
ある程度仕事をこなせるようになった入社3年目以降でさらに成長し、仕事の効率をさらにあげるにはどのようにすればよいのでしょうか。
入社3年目で、今の仕事を続けていけるか不安を感じたり、辞めたいと思ったりする方は多いようです。
職場の条件や仕事の任され方、また人間関係に原因があると答える方もいるかもしれません。
入社してからがむしゃらに頑張ってきて体調を崩した方もおられるかもしれません。
そのような時期、持つべき意識を考え直すことが大切です。
自分自身が何のためにこの会社を選んだのか、会社のことを大きく見つめ直してみてください。
会社のホームページを見て、企業理念や会社のミッション、他の事業の仕組みなどを改めて見直してみるとよいと思います。
日々の業務に追われ、会社全体が見えなくなっていませんか。
自分の業務をある程度管理し、自分のスケジュールで働けるように考え直してみましょう。
自分自身がさらに成長するためにはどうすればよいのか、そして、さらに仕事を効率アップしていくにはどのようにすれば良いのかを考えていきます。
自分自身が会社に対して出来ることは何だろう、どのように役に立てるかを考えられるようになると、会社内における自分の立ち位置が分かってきます。
社会人としてこれからも長く活躍し続けていくためには、自分と会社がどうつながっているか考えていくことが大切になってくるでしょう。
そして、目的意識を持ち、成長したいと思うなら本を読んで勉強することです。
運動をして身体を鍛えたり体調を整えてリフレッシュすることも大切です。
自分自身の成長を考えて、会社を見つめ直すことで、将来性を持って前向きに、長く働くことを考えられるようになります
自分ための時間をとろうと思うことで、自然と効率アップを考えるようになります。

空き時間の使い方と整理整頓について

予定よりも早くに用事が終わり、出来た空き時間は有効に使いたいですよね。 ここでは空き時間の使い方と、作業を停滞させる探し物にかかる時間をいかに減らすかについて、省けるものはないかなど整理術の工夫やオフィスの作業環境の大切さについて考えてみます。

周りの人に助けられて仕事をしていることを忘れない

上司からの仕事の任され方に不満があったり、上司の資質に問題を感じる方は多々おられると思います。 しかし、不満を言う前に自分自身の態度を見直し、会社が世の中に貢献してきたことを見直し、その中での自分の役割を考える態度をとることで、見え方は変わってきます。

おすすめリンク